前へ
次へ

弁護士の独立費用について

弁護士として働いていく中で、独立して弁護士事務所を開設する人も多いです。弁護士として独立し、事務所を運営していくのにどれ蔵費用が掛かるかというと、事務所の賃料やコピー機やパソコンなどのリース代、事務員を雇えば人件費もかかりますので、毎月100万近くかかることもあります。また、弁護士という仕事は出来高制になりますので、月により報酬額に変動があります。経費などを差し引いた金額が、生活費になります。このように、経費などが結構掛かりますので、将来独立を希望される場合は、ある程度のたくわえが必要になります。また、軌道に乗るまでも時間を要します。開業したばかりのころは、顔を売るために宣伝をする必要もありますので、それらのコストもかかります。

top用置換

top用置換2
Page Top